おすすめ 機材 雑記

僕が無料音源を使わない理由.

みなさんは無料音源使ってますか?

無料音源にも素晴らしいものが数々存在しますよね.Synth1PianoOneなどが有名どころだと思います.このような音源を無料で使えることは非常にありがたいことで,管理人も幅広く収集し利用してきました.

そんな無料音源ですが,管理人はあるときから使わなくなるようになりました.その理由についてこれから説明していきます.

3秒で分かるまとめ

  • 無料音源に疲れた.

無料音源の定義

ひとまず,ここで無料音源の定義をしておきます.

  • 無料で配布している.
  • 他音源の販促等の目的で無料で公開されているものでない.

例を挙げるとSynth1ですね.あとはDSK Musicで頒布されているような単体の無料音源たちです.

反対に,OzoneImagerOzoneの販促だと考えられるので無料音源の定義には当てはめていません.

理由

以下で,管理人が無料音源を使わない理由を説明していきます.

  1. 玉石混交である.
  2. 情報が少ない.
  3. 更新頻度が低い.

1:玉石混交である.

これが無料音源を使わない最大の理由です.

無料音源は玉石混交なんですよね.下記のサイトやTwitterを見れば分かるかと思いますが,量がひたすらに多く,またそれが上から下までたくさんあるためキリがありません.

もちろん,無料音源にもメインになりうる素晴らしい音源は数多く存在します.ですが,それを見つけるまでの時間や体力などを必要以上に消費しすぎてしまいます.本来は「作曲すること」が目的のはずなのに,いつのまにか「無料音源を漁ること」が目的になっているときも…….

有料音源でも同様の状態に陥ることはままありますが,金額が金額なだけにポンポンと試すわけにはいかないですよね.そういった歯止めが利くようになっていると管理人は考えています.

また,生楽器に関しては無料音源で良いものはあまり多くないように見受けられます.これは,まだ生楽器を録音してサンプラーベースで鳴らしており,録音に非常に手間がかかるからです.ギターやオケ音源などですね.生のように聞こえるものはほとんど有料音源といっても過言ではないです(もしくは生演奏).

反面,有料音源は一定以上の質を保ったものが多いように見られます.例えばKompleteに含まれている音源やエフェクタ群ですね.質を吟味するぐらいなら,最初から有料音源の中から選んでしまえ,というのが管理人の考えです.

2:情報が少ない.

プロの方が使用していたり,情報を流してくれるのは有料音源のほうが多い印象です.SleepFreaksさんのように詳細を解説してくれるのも有料音源ばかりではないでしょうか.

3:更新頻度が低い.

無料で配布されているものは更新頻度が低い傾向にあります.

管理人の経験談として,Cubaseを10にアプグレした際に,VST2.x系がブラックリスト入りとなり利用できなくなる問題が発生しました.当時,管理人は複数のVST2.x系の無料音源を利用しており,泣く泣く利用を断念する事態となりました.

また,こういった直接的な理由が存在しなくても,長期的に更新がされていない状態は怖いですよね.例えば,Synth1はこの記事を投稿している2020/2/2現在で,最終更新が 2014/7/10 となっています.個人開発の無料音源は開発者1人の私生活要素に大きく依存するため,最悪,これで更新が終了してしまう可能性も大いに考えられます.そうした際,上記のようにいつか使えなくなるかも……という不安を抱えながら音源を利用することになるわけです.

また個人開発でなくても無料音源は更新される頻度は低い傾向にあると考えています.例えば,管理人が前に使ってたDSK MusicBoxは最終更新が2012年となっています.企業としては本来,売り上げを得て次の音源開発に取り組む…というのが健全だと思いますので更新頻度が低くなるのは当然かなと思います.

管理人がもし無料音源を利用するとしても,上記を避けるためにオープンソースソフトウェア(OSS)として公開されていることが最低条件になるかと考えています.SANA 8BITやMagical 8Bit Plug2(今後開発される予定)などですね.
※OSS:プログラムがネット上に公開されており,誰でも更新できる状態になっているソフトウェアのこと.

以上,管理人が無料音源を使わない理由でした.

最後に

「有料音源買う金ないよ!」という方は,上記についてひとまず考えないでください.ただ,余裕ができたときにまた考えてみてください.別に「無料音源は使うな!」と言ってるわけではないので,その後どうするかは自分次第です.

あと,フリー音源について調べていたところ,下記の記事が面白かったので共有しておきます.

じゃあな!

-おすすめ, 機材, 雑記

© 2020 超DTM速報