DTM気になるニュース

週刊DTM気になるニュース! 2020/8/9週.サンクラ自動マスタリングサービス,スタワンPrime登場など

SoundCloud 「4.99ドル/1曲」で高品質な自動マスタリングサービスを開始

SoundCloud 「4.99ドル/1曲」で高品質な自動マスタリングサービスを開始

SleepFreaks

ついにSoundCloudからも出てきましたね,自動マスタリングサービス.サービスとしての先駆けはLANDRですが,今後の市場シェアが大きく変化しそうです.

何より強いのは,音楽プラットフォームが独自サービスとして出してきたこと.個人レベルではOzoneを使えば終わりなんですが,音源アップロードとマスタリングが同時に出来るのは強い.

公式サイトを見るとDolbyの技術を使っているとのこと.気になるのは,参考音源が全部Trapなんですよね.日本向けのポップ音楽にマッチするのか.

Studio One 5 Prime(無料DAW)が登場

大人気DAW「Studio One 5」から無料版のPrimeが登場しました.

正直,無料DAWの決定版と言っていいんじゃないでしょうかね.国内人気もこれかCubaseの二択ですし.これの対抗馬はCakewalkぐらいか……? あちらはそもそも完全無料なので比較自体がおかしい話ですが.

後はこれに付随する話で,開発元のPresonusから作曲コミュニティ「PreSonus Sphere」というのが出来たようです.どのようなところかはスタワン使いじゃないんで知らないですけど,興味あったら見るのもいいのでは.

電源問題のプロフェショナルが送る電源物語 by Voltampere 宮寺!お宅訪問編:現場で電源環境改善!

電源問題のプロフェショナルが送る電源物語 by Voltampere 宮寺!お宅訪問編:現場で電源環境改善!

宮地楽器

「電源は大事」ってよく聞きますけど,ここまでガチガチに電源対策していると尊敬の念すら出てきますね.「分電盤から直接200Vを引く工事をしており」ってヤバすぎる.

管理人はちょっと前にパワーディストリビューターを買ったんですけど,ここまでする気にはなれない.記事中登場の「GPC-TQ」は14万円もしますよ…….Komplete Ultimate買えちゃうよ…….

AIによる自動生成機能付きリバーブsonible「smart:reverb」レビューと使い方!

AIによる自動生成機能付きリバーブsonible「smart:reverb」レビューと使い方!

DTMer.info

AIで作曲やミックスってよく聞くんですけど,リバーブでどのように使うか気になって見た記事.

特徴は「動的にリバーブを変化させられる」ことらしい.確かに,場面によって音色変わったらリバーブ成分変えたくなりますよね.

この「音色が時間帯によって違う」ということに対して今後どう対応するかが重要になりそうですね.いちいちオートメーションでいじるのもコスト的に難しいし,AIに任せたい.

Better Drum Mixes With ONE Change

「コンプのアタックでドラムの音色変わるよ」って話でした.アタックが早ければ,胴鳴り部分が抑えられるんでベチッて感じにタイトな音色に変わるね.

こういうノウハウをPreSonusみたいなDAW出してるところから発信してくれると嬉しいですね.たいして英語分かんなかったけど絵とか音で分かりました.

あなたはどこまで聞こえる?? 耳年齢診断

あなたはどこまで聞こえる?? 耳年齢診断

SleepFreaks

うん,まぁ昔からあるやつだよね…….他の動画と違うのは,各周波数がどのような音を代表しているか説明してくれているところ.管理人は15kHzが限界でした.

たまにこういうの聞いて思うのは「ハイレゾに意味はあるのか?」ということ.ビット深度が増えるのはなんとなく効果がありそうだけど,サンプリング周波数はどうなんですかね.音源はサンプリング周波数の半分までの周波数が再現可能で,現状の44.1kHzであれば22.05kHzまでの周波数が再生可能なんだけど,すでに聴覚の限界を超えています.

様々なところを見ると効果がありそうに見えるので,今度ちゃんと聞いてみたいところ.ちゃんとした研究成果も見てみようかな.

Dolby Atmos Musicのミキシング体験とAvidPlayでの配信

Dolby Atmos® Music のミキシング体験とAvidPlayでの配信

AVID

Dolby Atmosといえば立体音響の方式のこと.映画館で使われているような7.1chとかの多チャンネル向けの方式ですね.

前にサカナクションがライブにてDolby Atmosを導入したという話を見て,ちょっと気になった記事.

なんと天井にスピーカーが設置できるらしいです.すごいですよね,新時代を感じます.しかもスピーカー個別に音声を鳴らせるらしいです.今度聞いてみたい.

「まるでモノクロがカラーになったみたいだ」とかいう煽り文句最高じゃないですか?

Ghost of Tsushimaの音楽を徹底研究、解説!鎌倉時代の音楽とは!?

Ghost of Tsushimaの音楽を徹底研究、解説!鎌倉時代の音楽とは!?

こおろぎさんち

最近Ghost of Tsushimaのプレイ動画を見て何となく目に留まった記事.

Ghost of Tsushimaは元寇をテーマにしたゲームです.ゲームのクオリティがめちゃくちゃ高くて,プレイ動画は正直映画みたいな感じで見てました.作者が大のクロサワ映画ファンらしい.

記事内の「作中の時代に登場しない楽器」についての考察を見て,「時代劇は特定の時代ではなく,時代劇時代というモノを表している」という記事を思い出しました."江戸時代を忠実に再現するとそもそも現代人には言葉が通じないから直している,これはもはや江戸時代ではなく時代劇用の時代である"って感じの記事でした.

そういった作り上げられた時代を楽しんでいるわけですね.Ghost of Tsushimaも同様のようです.確かGhost of Tsushimaも時代考証がどうだのって議論が海外で上がっていたような.

ホロライブ・にじさんじ合わせて10人のVTuberが誕生

VTuberグループ「ホロライブ」から5期生5名がデビュー

MoguLive

VTuber / バーチャルライバーグループ「にじさんじ」より5名が新たにデビュー!本日より始動!

PR TIMES

いやもうね,しっちゃかめっちゃかですよ.合計10人も出るなんて流石にウォッチしきれない.

これ見て思うのは,作曲面でなんやかんや助力できる機会がドンドン増えているんじゃないかなぁということ.いや,その前にイチファンとしてはデビューめちゃくちゃ嬉しいけどね.

トップ層でこれだけデビューするということは,いわんやその他はどうやってことですよ.

今まさに参加しているReverseRealの企画では,たしか1000人ぐらいのVTuberが応募したと記憶してます.150人定員で1000人だよ.はちゃめちゃに多いですよ.マッチングがもっと容易になれば,色々な人がタッグを組めそうな予感がしています.

以上,「週刊 DTM気になるニュース!」でした.

-DTM気になるニュース

© 2020 超DTM速報